こんにちは!
ハルです!

今日は七夕ですね!
今 思い出しました^^;

先月東京で短冊に願い事書いてきたら叶うかな・・
なんて書いたか忘れちゃったけど。

さて、あなたは
『こうなったらいいなぁ』
『こういうことやりたいなぁ』
ということを、声に出して伝えていますか?

仕事中、友達と遊ぶ時、
ご飯を食べに行く時、

協力してもらいたい時、
ただ自分を満たしたい時、

なんでもかまいません。

自分の思いを伝えてる?

以心伝心という言葉もありますが、
声に出して伝えることって大事だと思います。

 

セッションでよくある話が、

「自分だけ仕事が多すぎて、
なんで私ばっかりこんなきつい目に。。」
ってこと。

「手伝ってと言ったらいいじゃない」
と言っても

「言わなくてもみたらわかるでしょ」
とか
「どうせ、言っても無駄」
とか
「私しかできないんで」
とか

勝手に決め付けてたり、
言ってしまった後の
恐れや不安もあるみたい。

この決め付けや、恐れや不安がどこからくるのか?

それがトラウマちゃん。

幼少期に、お母さんにお願いしたのに
聞いてもらえなくて、言っても無駄という
思い込みになってたり

実際に、
お願いしてもやってもらえなくて
それから、お願いするのこわくなったりとか。

私にもあったので、わからなくもない。

だけどね、やっぱり伝えないとね。

 

で、その場合どうしたらいいかというと

昔あったその嫌な思い出の頃の
傷ついた感情を癒してあげること。

どうしてほしかったの?
なんて言ってほしかったの?

ってね。聞いてあげる。

あとね、逆の立場でも考えるの。

あの時、お母さんどんな状態だったかな。
めっちゃ忙しくてかまってあげたくても
かまってあげられなかったかも。

相手も忙しかったのかもとか、
自分の言い方に問題がなかったかな。

とか、今だったらわかるはず。

そんな話をしながら癒していきます。

そうするとね、
自分でも声に出して伝えれるようになるし、
案外、周りが先に声かけてくれたり。

意外な変化が起こってきますよ。

それに、声に出すと引き寄せも早くなります(*^^*)

言葉の力はとっても強いのだ!