こんにちは!
未来の扉を開く体感ヒーラーハルです!

 

 

 

クライアントさんとお話ししていると
昔の自分が思い出されますね^^

 

「いつも比べられて嫌」

 

そんなことはありませんか?

 

特に長女の方に多いのではないでしょうか?

弟ばかり可愛がってると思い込んでいたり、
怒られてばっかりだったから、
嫌われてると思い込んでいたり、

 

「比べる必要はない!」
本や自己啓発でわかっていても
比べてしまう自分がいることはありませんか?

 

もうねー
これはすごい課題でした!

 

最後の最後は親子にヤキモチ!

 

最初は「いいなぁ」という羨ましいでしたが、
気づけば、生霊を送っていたこともあります。

 

「自分だけズルイ!」
ってね。

相手にとっては大迷惑ですよね・・。
関係ないのに。

 

「もう、なんでこうなるんだろう・・」

 

そう、思って自己ヒーリングした時に
「これこそ、インナーチャイルドやん!」
とわかりました^^

 

 

親が子供のことをすごく考えている姿。
すごく可愛がっている姿。

その光景を見た時に
ヤキモチを妬いてる私。

 

そういえば、
そんなに母親に思ってもらった記憶がない。
怒られた記憶はあるけど、可愛がられた記憶がない、、。

 

だから、
すごく羨ましくて、
最強のインナーチャイルドが出てきました!

 

可愛いがられるどころか
いつも弟や近所の子、学校の同級生と
比べられてジャッジされていたから

自分でも無意識に比べてジャッジする
癖がついているんですよね。

 

でも、
全部自分目線。

 

相手のことなんて考えていなくて、、

今まで母親に言われてきたこと、
怒られてきたことを無意識に意識してる。

母親に認めて欲しいという思いも
強かったんでしょうね。

 

本当に可愛がられていなかったのか?
嫌われていたのか?

 

今の大人になった自分だったら
そうではなかったなぁとわかります。

 

ここまでくると、
インナーチャイルドに

「本当○○や○○で
可愛がられていたし、大好きだったんだよ!」
と教えてあげます。

 

インナーチャイルドが
「そうだったんだ!」と納得すれば

以前みたいに
ヤキモチを妬いて、

相手に念を飛ばすようなことはなくなりますし、
自分自身もとっても心おだやかになりますよ。

 

 

今のあなたはどうですか?

 

 

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(は必須項目)